JH1YDT 早稲田大学無線通信研究会

早稲田大学登録サークル「早稲田大学無線通信研究会」公式ブログです。お問い合わせは「jh1ydt.waseda@gmail.com」までお願いします。

令和元(2019)年度活動報告

Hello CQ!

皆さまこんにちは。会長のDWQです。新型コロナウィルス(COVID-19)が猛威を振るっておりますが、みなさまくれぐれも健康にはお気を付けください。早く収束することを祈るばかりです。

さて、JH1YDTも無事に「令和」を迎え、と「昭和・平成」に続き3つ目の元号に突入しました。今回は令和元年度の活動を簡単にまとめてみます。


【2019年4月】

1~4日 新歓ブース(西早稲田キャンパス)出展
27~28日 ALL JAコンテスト参加(於:慶應義塾大学無線工学研究会

【6月】

12日 OB懇親会

15~16日 JJ2VLY(裾野市)局訪問
23日 関東大学間合同新歓ミーティング参加

【7月】
6~7日 6m and downコンテスト参加マルチオペ電信全国第2位

20日 電通大コンテスト参加

27日 JARL東京都支部登録クラブ代表者会議参加

【8月】
3〜4日 JA1YCG×JR0ZGY×JH1YDT合同合宿(FD参加)

【9月】

16日 XPO記念コンテスト参加
22日 青少年のための科学の祭典(東京大会)出展補助

【10月】

1~31日 JARL東京都支部10オンエア月間参加

30日 JARLコンテスト実施時期パブコメ提出

【11月】
2〜3日 理工展出展

【12月】
1日 モールス特訓会(於:学芸大学アマチュア無線クラブ

【2020年1月】
13日 埼玉コンテスト参加

【2月】
26日 早稲田大学嶋本研究室訪問

【3月】

2日 「早稲田ウェブ新歓2020」公開

12日 合成音声通信実験(「東北きりたん」をメンバーに迎える)


皆さまのご支援のおかげで、今年もたくさんの活動を行うことができました。本当にありがとうございます。天候不順やメンバー間の調整不足もあり、全員そろってのコンテスト参加ができませんでしたが、6Dでは全国2位を獲得し復活後初となる賞状も頂きました。3校合同合宿や、OM訪問もでき楽しい1年になったと思います。

現在新型ウィルスの影響で大学も閉鎖されており、サークル活動も停滞していますが、収束後には自粛期間分も一層精力的に活動していきます。変わらぬご協力のほどよろしくお願いいたします!73!

(JH1DWQ)

「東北きりたん」を用いた合成音声通信を行いました!

Hello CQ!

JH1DWQです。この度、合成音声通信にチャレンジしましたのでご報告いたします。

 

1.きっかけ

TwitterでJH4VAJ局が行った面白い実験を拝見しました。

 カーチャンクサーバーを利用して、送信した合成音声をモニターしたそうです。元々興味はありましたので、一気に火が付きました。

 

2.免許申請

JH4VAJ局のHPによると、合成音声を利用するためには届け出が必要だそうです。

www.jh4vaj.com

所謂"CQマシーン"も申請が必要なんじゃないかと思いつつ、JH4VAJ局が紹介されている方法で申請を出しました。元々PCはデジタルモード追加の際に申請してありますし、電波形式の追加はないので軽微な変更になるかと思います。

www.jh4vaj.com

いつも分かりやすい記事をありがとうございます。NanoVNAを購入した際にも、大変参考になりました。

 

3.ソフトの選定

合成音声に使うソフト。ゆっくり実況などでお馴染みの「棒読みちゃん」や「SofTalk」で事足りるのですが、今回は大奮発してVOICEROIDの「東北きりたん」を購入いたしました(高かった……)。理由は可愛いから、ただそれだけです。これまで無料の音声合成ソフトは使ったことはあるのですが、さすが有料ソフト。操作性は大変良いですし、イントネーションも自然です。安くない買い物でしたが、可愛いし、操作しやすいし、可愛いし、買ってよかったと思います。

VOICEROID+ 東北きりたん EX|ダウンロード版

VOICEROID+ 東北きりたん EX|ダウンロード版

  • 発売日: 2016/10/27
  • メディア: Software Download
 

 

4.今回用意した音声

テスト運用ということで、「試験」「CQ」「QTHなど」「73」の4本を用意しました。参考になるかわかりませんが、一応張り付けておきます。

①試験

CQ

③QTHなど

④73

 

 5.運用方法

 かなり強引です。用意してある言葉以外、特に相手のコールサインは直接ソフトに打ち込むことで対応しました。送信はRIGのVOX機能を使っています。

 

f:id:jh1ydt:20200312191511j:plain

▲あっちに入力したり、こっちを押したり大変でした

 

6.やってみた感想

非常に面白かったです。7MHzにQRVし、30分で2局と交信できました。もう少し運用する環境を改善して、よりスムーズにQSOできると良いと思います。また、通常交信よりはコンテスト向きなのではと思いますので、YLの居ないJH1YDTが実践投入出来たら面白いと考えております(現実逃避とも云う)。

 

交信頂いた皆さま、ありがとうございました。今後も合成音声通信を続けていきたいと思います!

 

2019年6m and downコンテストの賞状を頂きました!

Hello CQ!

大変遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。会長のJH1DWQです。2020年もよろしくお願いいたします!

 

さて、2019年7月に行われた6m and downコンテストにてJH1YDTが電信マルチオペオールバンド部門全国2位を獲得いたしました!

 

f:id:jh1ydt:20200213005012j:plain

JARLより頂いた賞状

 

順位はすでに知っていましたが、まさか賞状を頂けるとは思っていなかったので郵送されてきたときは驚きました。実はこの部門、全国で5局しかエントリーがなかったのですがやはり賞状は嬉しいものです。JH1YDTが復活してから初めての入賞となりました!交信していただいた皆様に感謝申し上げます。

 

今年も優勝目指してメンバー一同頑張ります!

 

(JH1DWQ)

CW特訓会 (学芸大無線部) 参加

Hello CQ!

会長のJH1DWQです。この度、東京学芸大学アマチュア無線クラブ(JA1YEV)よりCW特訓会にお誘いいただき、2名のメンバーが参加いたしました。

 

f:id:jh1ydt:20191202210231j:plain

▲講師、受講者は約10名でしたがこんなに沢山の電鍵が大集合!私も初めてバグキーを体験できました(難しい!!)。

 

f:id:jh1ydt:20191202210411j:plain

▲参加者お手製のモールス印字機です!非常によくできていて面白かったです。

 

f:id:jh1ydt:20191202210550j:plain

▲話題のCWインベーダーに挑戦するJR2KHB。ちなみに使っている電鍵は……、

 

f:id:jh1ydt:20191202210655j:plain

▲こちらのイギリス軍電鍵です。陸軍や空軍で使われていた電鍵だそうで、堅牢かつ意外と打ちやすい!ハードな打ち味でした。

 

電鍵の紹介から略号解説、受信練習、ラバスタQSOと濃密な講習会でした。私も知らなかった略号を確認出来て勉強になりました。CWマスターへの道は遠いです……。日々精進。

 

この度はお誘いくださり本当にありがとうございました!次回の開催を楽しみにしております!

 

(JH1DWQ)

第66回理工展出展

Hello CQ

みなさんこんにちは。会長のJH1DWQです。

昨年のブログ記事[第65回理工展出展]で「来年メンバーが10人くらいになったら広報担当決めるんだ……。」と書いていましたが、これは夢に終わりました。来年こそ、来年こそメンバーが増えたら広報担当決めるんだ……。

 

さて、今年も早稲田大学理工学部の学園祭「理工展」(11月2日~3日)に出展いたしました。恐らく3年連続最少人数での出展です。そもそも3人だけで出展しようなんて団体はない。ただでさえ出展者が足りない中、理工展1週間前にメンバーのJJ1OTKが別サークルの活動中に足を脱臼する大ケガをしてしまい参加不能に。まさかの出展者2名、大ピンチです。

そんな危機的状況の中、いつもお世話になっているJARL東京都支部から2名、慶應義塾大学無線工学研究会(JA1YCG)から1名がお手伝いとして駆けつけてくださり初日は5名のスタッフが常駐することができました。本当にありがとうございます。

 

【企画①】TV用八木アンテナ製作体験JARL東京都支部提供)

昨年からJARL東京都支部提供で出展している工作体験です。今年はストロー、アルミホイル、厚紙を使って八木アンテナを作りました。昨年よりも作りやすくなり、好評を頂きました。

 

f:id:jh1ydt:20191129011600j:plain

▲ストローは太いものの中に細いものを入れて長さが調整できるように。ハサミを使わなくてよいので小さい子も安全に工作出来ました。

 

f:id:jh1ydt:20191129011554j:plain

 ▲制作した3エレ八木アンテナです。チープなつくりに見えますが、しっかり指向性も出ていて実用に耐えます。

 

【企画②】八木アンテナ特性実験早稲田大学基幹理工学部嶋本研究室提供)

JH1YDTの顧問をお願いしている基幹理工学部の嶋本先生より、電波教室で使用している八木アンテナ特性実験セットをお借りしました。電波が照射されたところのLEDが光ります。指向性、偏波特性がよく分かるので、八木アンテナの紹介実験を行いました。

 

f:id:jh1ydt:20191129012242j:plain

▲模擬実験の様子。素晴らしい作りです。

 

【企画③】モールス通信体験

毎年大好評のモールス通信体験です。今年は例年の「来場者に符号を打ってもらい、出展者が受信する」という方式以外に、Googleモールス入力を使用した方式も出展しました。マウスを改造して、クリックに縦振れ電鍵を対応させました。

 

f:id:jh1ydt:20191129012348j:plain

▲今年も一番人気となりました。

 

その他にもJH1YDTの公開運用やQSLカード展示を行い、理工展唯一の電波、無線通信系企画として良い展示を行えたと思います。たくさんのご来場、誠にありがとうございました。また、お手伝いいただいた皆様に改めて御礼申し上げます。本当にありがとうございました。今後とも早稲田大学無線通信研究会JH1YDTをよろしくお願いいたします。

 

f:id:jh1ydt:20191129012817j:plain

▲なぜか電鍵が沢山……。CW好きの部員が多いです。

 

(JH1DWQ)

JARLコンテストの実施時期について、意見提出しました

Hello CQ! 部員の JR2KHB です。

早稲田大学無線通信研究会では、JARL社団会員として、「JARLコンテストの実施時期についての意見募集」に以下のように意見提出しました。

 


提出者概要

  1. 提出日:2019 年 10 月 30 日
  2. コールサイン:JH1YDT
  3. 氏名:早稲田大学無線通信研究会

検討中の事項についての意見

4.1 QSO パーティの期間延長
  …… 1 月 2 日 09 時から 1 月 10 日 21 時(日本標準時、以下同様)の期間延長が望ましい
続きを読む

2019 FDコンテスト参加!(信大×慶大×早大)

Hello CQ!

みなさんこんにちは。会長のJH1DWQです。やっとブログを更新する気力がわきましたので、8月に開催されたFDコンテストの様子をお伝えいたします!(これ書き終わったら”この〇ば”の映画観に行くんだ……。)

 

初の3校合同運用!

今回のFDですが、当初は信州大学無線部(JR0ZGY)よりお声をかけていただき2校合同で参加する予定でした。運用場所や設備展開の相談をしているところで、YDT副会長(兼なんかいろいろ)のJR2KHB氏が「YCG( 

慶應義塾大学無線工学研究会/JA1YCG)誘ってみたら面白いんじゃない?」と提案。お誘いしたところ快諾していただき今回の3校合同が実現いたしました(本当にいつもいつもありがとうございます!)。たまたまYCGも長野県での移動運用を予定していたため、非常にスムーズに話が進みました。

部室のない流浪のクラブであるYDT、これまでも2校合同は何度もさせていただきましたが3校合同は初めてです。大学クラブ全体を見てもなかなか少ないのではないでしょうか。行く前からかなりわくわくしていました。

 

トラブル続出!? 移動運用は大変です!

3校で話し合いを進め、持参する設備や運用場所、宿泊施設の予約などを事前に行いました。YCGが元々予定していたコテージに空きがあったため宿泊施設は確保。移動地も近場の空き地を予定していました。

そして当日……。なんと予定していた場所が空き地でなかったことが判明……!Google Mapで見るだけでは分からないものです。第2候補地、第3候補地もあらかじめ用意していましたが何れも利用不可。話し合いの末、車で30分ほどの場所に2日目早朝から移動することになりました(ZGYのメンバー提案。さすが地元です!)。展開したり片づけたりを繰り返し、運用する前からヘトヘトです。

結局初日はコンテストに参加できませんでしたが、BBQをしたりCW講習会が開かれたりと無線運用以外でとても楽しめました(スマブラ早慶戦も開催されましたw)。

f:id:jh1ydt:20190909015100j:plain

JA1YCG名物 スマブラ

 

2日目早朝 やっと運用開始!

朝5時、やる気のある面々に叩き起こされ運用地へ。なお、この時点で5名ほどがベットに拘束され無線運用部隊から離脱しています。設備を展開していよいよFD開始です!設備は持ち寄りましたが、無線機をはじめ、アンテナ系もほとんどYCG局の設備をお借りしました(運用もJA1YCG/0です)。

f:id:jh1ydt:20190909014459j:plain

50MHz HB9CV 組み立て中

f:id:jh1ydt:20190909014426j:plain

展開後の様子

 

運用後はコテージでまったり

結局コンテスト自体はあまり参加できませんでしたが、コテージを借りていたおかげで純粋に合宿として非常に楽しいものとなりました。やはりベットがあるというのは快適です。

同じアマチュア無線を趣味とする者同士、学校は違いますが無線トークやBBQなど大いに盛り上がりました。合宿3日目はコテージを後にして諏訪湖の周りを散策。その後解散となりました。

 

まとめ

今回のFD合宿ですが、私たちとしては今までで一番大規模なものとなりました。合同運用を提案していただいた信大JR0ZGY局、設備面、宿泊面、会計面と今回の合宿の柱を務めていただいた慶大JA1YCG局のみなさまには本当に感謝しております。各校文化の違いというものはありますが、お互いに良い刺激になり、また親睦を一層深めることができたのではないでしょうか。これを機に、大学間の交流が一層深まることを祈るばかりです。本当に楽しい合宿をありがとうございました!

 

(JH1DWQ)

 

※合宿のレポートはCQ誌2019年10月号pp.90-91に「合同運用のススメ」として記事になっております。こちらも合わせてご覧ください!